プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

若手技術系社員に必要な資格とは。

めたのさえたはここに書いてあるとおり、資格の取得が趣味のひとつです。でもその中で、入社2年目の私が「役に立ったなぁ・・」とおもうのは数少ないのです。では、今日は技術系で就職活動中の参考のために、若手技術者向け役立つ資格TOP3を発表したいと思います。

1位:TOEIC500点以上
2位:危険物取扱者(乙四)
3位:技術士一次試験

なぜか、公害防止管理者の資格が入っていないのが気になるところですが・・・・
今日は私が、これらの資格をTOP3に入れた理由を説明したいと思います。
1位:TOEIC500点以上
これはもう、絶対に必要です。ほとんどの大手企業は技術系社員にもTOEIC500点以上を求めています。
もちろん私が所属している会社でもTOEIC500点以上は英語を使う業務でない社員にも求められています。さらに、原則的に500点以上取れないと係長・主任以上になることができません。
とにかく、英語が嫌いだから、理系だからとか言い訳せずにとりあえず会社が求めている最低点クラス≒500点位はとっておきましょう。
【参考】TOEICスコアに関して

2位:危険物取扱者(乙四)
この資格は工場などでは必ず必要な資格です。しかもポイントは
人数がたくさん必要
なので取得していて絶対損はないということです。
同じように工場に必要な資格の、公害防止管理者はめたのさえたの所属している会社の場合4人程度しか必要ないのですが、危険物取扱者は40人以上くらい必要です。需要が非常に高いわけです(約10倍)。っということで、とりあえず危険物取扱者(乙四)くらいはとっておきましょう。非常に簡単ですしね。

3位:技術士一次試験
最近、ほとんどの企業では技術士の需要が高まっています。建業法などの関係でのどから出るほど欲しいのが技術士です。ただし、若手社員は通常、実務経験がない2次試験の受験資格を持っていません。っというわけで、少なくとも20代で一次試験合格、30代で二次試験合格(技術士になれる)を目指しましょう。

駄文ですが、技術系で就職を考えられている方に役立つと嬉しいです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
ライターです。理系社員15人の取材をしなきゃいけないのですが、6人で止まってしまいました。内容はご本人のキャリアパスをお聞きして、就職サイトの記事にするというものです。お名前、社名、出身校はいずれも仮名です。年齢は30代〜40代。遠隔地の方はメールと、電話で補足という方法で可です。紹介者、取材対象者とも謝礼あります。お問い合わせください。
  • 高橋
  • 2010/08/21 7:15 AM
残念ですが20代です(笑)。
  • めたのさえた
  • 2010/08/22 7:19 PM
コメントする