プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

日本一の下足番に・・・なれるかな。

今月は良いペースで読書が出来ています(現在で10冊)。
一冊気に入った本があったので、紹介させていただきます。

「ビミョーな人」とつきあう技術と言う本です。
タイトルは何ともビミョーですが、内容はとっても「深イィ~」です(笑)。
ところどころに、格言的だけど真理を付いているような言葉が沢山出てきます。しかもそれにまつわるストーリーが面白い。

ちょっとだけ紹介すると、

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。
   そうしたら誰も君を下足番にはしておかぬ」
(阪急・東宝グループの創業者:小林一三氏)

「雑用」と思える仕事を命じられた時、それは「試されている時」である。
選択肢は3つある。

  ・ふてくされて適当にこなす道
  ・言われたとおりにそこそこにこなす道
  ・日本一の下足番になる道

この物事の捉え方が大事なんだなと、いわゆるルーチンや雑用にも
真剣に取り組まないとと思ったのでした。
そういう時こそ、上司は試しているんだそうです。

僕たちは生きているだけで、「命」を消費してしまう。
企業活動を続けるだけで誰かを傷つけてしまう

この内容に関しては、詳しくは本を読んで確認していただきたいのですが(笑)、これにまつわるエピソードとても面白い。

こんな、格言とエピソードが詰まった一冊。
今月読んだ本の中では一番お勧めかなと思います。
若手のサラリーマンへ是非!!

【今月の読書状況】
(1)STUDY HACKS!
(2)これでわかった!!値段のカラクリ
(3)あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ
(4)餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?
(5)ビジネスのカリスマ・インタビューズ
(6)29歳からの人生戦略ノート
(7)マンガ日本相場師列伝―是川銀蔵・田中平八・佐藤和三郎・雨宮敬次郎
(8)「まず動く!」人が、仕事は9割うまくいく
(9)「ビミョーな人」とつきあう技術
(10)残念な人の思考法
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする