プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

何気に測定器具を使うことが出来るとカッコいい。

機械屋さんの仕事をしていると、色んな測定器具を使います。

でも、現場にあまり出ないエンジニアは自分で測定ができなかったりするんですよね。
そんなわけで、現場で何気に色んな計測を自分でやると、

「ちょっと自分ってカッコいい?」

みたいな気分になれます(笑)。

今回は、機械屋さんが最低限使えるようになっておきたい
「測定器具」を紹介しちゃいますよ(笑)

最近は、ネットでも簡単に購入できるんですねー。

 (1)ノギス

0.05mm程度までの測定に使われるノギス君。
簡単そうで奥が深いノギス君。
通常の長さの測定だけではなく深さも図ることが出来ます。ノギスの使い方でその人のセンスが分かると言います(笑)ノギスの読み方が分からないとちょっと恥ずかしい。
最近はデジタルノギス(よくデジノギと略す人がいる)も普及しており、これは読むのはとっても簡単。でも、校正をミスするととんでもないことになる落とし穴が(笑)

(2)マイクロメーター



0.01mm程度の測定もお手のもの。0.005mmの測定だってできるし、数ミクロンまで読みとれると豪語するつわものまでいる(笑)。僕は0.005mmくらいは読めます(笑)。サイズが大きくなるに従って測定が難しくなる。このあたりの測定器具になると、自分の体温が測定器に伝わって伸びでしまう。このため、冬場は測定値が小さくなってしまったりする。注意が必要です。

(3)インサイドマイクロメーター

その名の通り「内側」を測定するマイクロメータ。
測定難易度が上がってくる。これを涼しい顔で使うとカッコいい(笑)。

この3種類位を使えると、そこそこカッコいいと思っています。

ええ。当然、僕も使えますよ(笑)

楽天市場で結構安価で、高性能な測定器具が売られているんですね。

業務用にネットで購入するのもありかもしれませんね。送料無料だったりするのでお得だと思います。特に小さい工場では、営業マンから買うよりお得なのではないでしょうか?

【送料無料】測定べからず集(長さ測定編)
作業服の中に絶対に入れているものって何ですか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック