プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

インフレもデフレも株相場も給料水準も関係ない(負けない戦略が必要)

「今はデフレでだから、貯金がお得」
「今は株安だから、株を買うのは危険」
「低金利の今こそ、家を買いましょう」
「デフレだからお金を刷ればいい」
「公務員の給料は高すぎるから、下げれば良い」

みたいなスローガンが良く聞かれますが、
これって正しいのでしょうか?

これって大局的に考えたら、
全て間違いなんですよね(笑)

その理由は・・・・・

【理由】
物の価値は上下しながらも大局的には常に平衡しようとするから
 ⇒市場の歪はスグに埋められる。

【例】
(1)デフレだからお金をドンドン刷ろう
お金を刷れば刷った分、購買力が下がる(お金の価値は下がる)方向にバランスしようとします。結局インフレになるので、大局的には購買力は変わりません。
(2)公務員の給料を下げよう
世の中の給料水準が下がれば、購買力は下がる(デフレに向かう)ので、大局的には購買力は変化しません。
(3)株安だから投資するのは危険
今本当に株が安いのであれば、本来の水準に平衡しようとする(株価は上がる方向に向かうはず)ですよね。大局的には「買い」かもしれません。株安だから貯蓄したほうが”得”と思っている時こそ大抵「投資の大チャンス」です。

一時的な事象にとらわれ過ぎると、
大局的に平衡する方向に向かうことを忘れてしまいます。

つまり、数年~数十年のスパンで考える人にとって、

「負けない戦略」が非常に重要なのです。

では、負けない戦略とは何でしょう??

それは、これから5年で、今までと真逆なことが起こるとしたらどうするか?(内藤さんの記事)ということを意識した戦略です。今の物事の傾向がずっと続くわけではなくて、必ずどこかで平衡しよう(バランスしよう)とする力が働くことを忘れてはなりません。

株が下がっている今こそ、株が上がったらどうしようと心配する。
円安の今こそ、円高になったらどうしようと心配する。
少子高齢化の今こそ、子どもが増える心配をする。
デフレの今こそインフレの心配をする。
低金利の今こそ、高金利を心配する。

この思考。この思想が出来る人こそが「負けない戦略」が出来る人です。
まさに、敗者のゲームなんですよね(笑)

デフレもインフレも株相場も給料水準も関係ない。
ドーンと構えられる余裕の大人になりたいですね♪

そんな考え方で投資が出来るような人になりたいです。
 ⇒投資入門(めたのさえたWEB)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック