プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

「マクドナルドはなぜ・・・」をタイトル買い。 そしてとても勉強になった件


マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?
を読みました!!

この本は、

 (1)価格の決め方、決まり方
 (2)顧客情報をどのように商売に活かしていくか

をクーポン、おまけ、ゲームなど生活に身近な例を通して、
非常によく分かるようにまとめられています。

何を隠そう、私がこの本を読んだのは、

「タイトル買い」

ですwww。

っというのも、私自身がマックのケータイアプリでかざすクーポンを活用しているからなんです(笑)。マクドにとって、このクーポンが何のメリットがあるんだろう・・・と疑問に思っていました。

この本を読んで、上記の疑問の答えのキーワードとしては、

 ・高く売りたいお客には高く売る
 ・安く売りたいお客には安く売る
 ・自己選択型価格差別
 ・顧客情報の収集

などをあげることが出来ます。
これらの内容が全て、非常に勉強になったのですが、

クーポンやポイントカードの「顧客情報収集」としての役割だけ紹介します。

特に最近、T-pointやポンタなど複数の業種で使用可能な「ポイントカード」が多いですよね。例えば、ファミリーマートで買い物をした時、自分にピンポイントで照準を合わせたクーポン(TSUTAYAのDVDレンタルクーポンなど)が出てくることがありますよね。例えば、これってポイントカードやクーポンを通して、顧客情報を収集し、個人に向けた的確な広告を表示することが出来ていると解釈できます

これと同じようなことが、マックのかざすクーポンでもおこっていると思われます。

ただ、僕が現金で買い物をしただけでは、その「買った」と言う情報は大きな意味を持ちません。でも、かざすクーポンを使用して購入した場合、マクドナルドとしては「誰が買ったか、何歳か、子連れかどうか」など色んな情報と「ある商品を買った」ということをリンクさせることが出来ます!!

これで、オンデマンド的な広告やクーポン
を狙った人に配信できます!!

上記のキーワードのほかにも、経営学で習ったことがあるような記憶のある(-_-;)、ゲーム理論などを易しく学べる内容になっており、非常に勉強になりました。

こういう考え方を、私たちが個人としてアフィリエイトなどをしていくうえで役立てていけたらいいなーと思いいました。
 ⇒マクドナルドはなぜケータイで安売りを始めたのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック