プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

正規型プルーム拡散式の適用可能条件(大規模大気特論)

有風時の拡散式「プルーム式」
無風時の拡散式「パフ式」

は、大規模大気特論の中であまりにも有名です。

それぞれの式を導いたり、暗記したりする必要はありませんが、
適用条件や式の雰囲気を覚えておきましょう。
(雰囲気というのはQは分子で、uは分母で・・・くらいは覚えたほうがいいと思います。)

今回は簡単に、

正規型プルーム式拡散式の適用可能条件についてまとめておきます。

 (1)発生源の放出強度は時間的に変化しない
 (2)濃度計算の対象となる物質は空気と同じように動く
 (3)風向は時間的にも空間的にも変化しない
 (4)地面はは平たんである
 (5)風速はあまり小さくない
 (6)拡散係数は時間的にも空間的にも変化しない

これを覚えていると、平成21年度の問5のような問題を簡単に解くことが出来ますね。

----------------------------------------
正規形プルーム拡散式の適用可能条件として,誤っているものはどれか
(大規模大気特論 H21年度 問5)。

(1)発生源の放出強度は時間的に変化しない。
(2)濃度計算の対象となる物質は,空気と同じように動く。
(3)地面が平坦である。
(4)風速が小さい。
(5)風向は時間的,空間的に変化しない。

答えは(4)です。
----------------------------------------

こんな問題、出題されやすそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック