プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

今までになくプレッシャーを感じた大気3種受験

平成24年度の公害防止管理者試験(大気3種)を受けてきました。



今回、僕は大気4種を受かっていると言うことで、

「大規模大気特論さえ受かればよい」

っという、非常に楽チンな状況でした。
でも、その楽チンな状況が逆にプレッシャーでした(-_-;)。

私は、

「常に公害防止管理者にかかわっていたい」

という思いを持っています。できれば、常に受験生でいたい・・・

なぜなら、

受験生としての立場、目線で公害防止管理者のホームページ運営の手助けをすること。これこそが皆さんの役に立つ内容を盛り込むことにつながると思うからです。

一教科ずつでも良いので、公害防止管理者の試験を受けていること、これがまさに僕にとって重要なのです!!そういう意味で、一教科ずつ受けることは、僕にとっては「逃げ」でも「妥協」でもないんです。むしろ”ネタ”に近い感じです

では、なぜ今までに無くプレッシャーを感じたかと言うと、

 (1)さすがに1教科だけで滑ったら恥ずかしい
 (2)勉強を進めていく中で手ごたえがあったので、失敗したら
   もったいないという意識があった。

という2点でした

(1)のようにやはり公害防止管理者のホームページの元管理人として、1教科だけ受験の状況で落ちたら恥ずかしい・・・・と言う気持ちがありました。さらに、(2)のように勉強時間はトータル35時間くらいでしたが、自分なりに内容を消化できて、「これはうかるな!」という感触がありました。この状態で落ちたら、なんかショックですよね。

そんなプレッシャーのせいか、試験前日はよく寝れませんでしたし、若干、胃が痛くなる感じ。。。久々にプレッシャーを感じながらの受験です。ダメもと的な感じで受ける方がはるかに気楽ですよね。会社命令とかでこの資格を受験されている方のプレッシャーは更に凄いものでしょう・・・お察しします。

そんな中で、頑張っておられる受験生の方に敬意を表したい!!

【勉強方法】
基本的に「技術と法規」と「過去問」を使用したものです。間違えやすいところ、重要なところはある程度まとめました。まとめたと言っても、ノートにキレイにまとめるのではなく、雑用紙にメモする程度過去問とメモが僕の勉強の柱になりました。

【試験当日】
前述したようにプレッシャーを感じていました。でも、お腹は空いたので、駅前のココイチでカレーを食べてから会場に向かいました(笑)

道中の橋を歩いているときも、景色はキレイですが、なんか憂鬱・・・(笑)

気候が寒いような、暖かいような微妙な感じだったので、半袖の方から、すごく厚着の方までいろいろな服装の方がいらっしゃいました。僕は、長袖ポロシャツと言う無難な選択。でも少し寒く感じられるときもありました。この寒い感じもプレッシャーなのか??と思いました。

あ、試験前には、もちろんトイレも何回も(笑)

【結果】
自己採点で10問中、9問正解でした。
合格できてそうです。

今回は試験終了後すぐにスマホから解答速報掲示板に自分の回答を書きこみました!!大規模大気特論では僕が一番乗りだったはず。今後は、スマホからの更新、twitterなどを使ったリアルタイムの交流も取り入れて、ホームページを作っていきたいです。


【今後は・・・】
 (1)当然、公害防止管理者の資格は受け続けたいと思います。
 (2)現管理人にも受かってもらうように勉強してもらいます(笑)。
 (3)何か他の資格にもチャレンジしたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
合格おめでとうございます。「理系じゃけん」は、たのしく読ませてもらってます。あとは合格証書を待つのみですね。是非、奥様も・・・。
  • 知りたい人
  • 2012/10/09 7:40 PM
コメントありがとうございます。
嫁には受験を勧めていますが、
「ええええええええええええ」
と拒否されています(笑)
  • めたのさえた
  • 2012/10/09 8:36 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック