プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

浸透探傷試験(カラーチェック)に使うスプレーが楽天でも安く買えるらしい!

部品を壊さずに、検査をする「非破壊検査」。

この中でも、ものすごくポピュラーで簡単な手法が浸透探傷試験です。PTやカラーチェックと呼ばれたりして、日本国内では資格もあります(日本非破壊検査協会の資格)。

浸透探傷試験とは、

材料の表面にあるキズを発見するのにつかわれる非破壊検査

です。

具体的には、以下の作業で傷を検出します。

 (1)キズの中に染色剤を入れる。
 (2)キズの中に侵入した染色剤をキズの外に
   ”毛細管現象”をつかって出す。
 (3)染色剤が出てきた箇所は
    ”キズがある”ことを示す。

さて、この手法ですが、あえて僕が説明しなくても(笑)、ここここに説明されています。興味のある方は是非読んでみてください。

とにかく、表面の傷を検出するには、ものすごく手軽で簡単なので重宝されています。材料血管、溶接欠陥、また、経年劣化によるクラックなどを検出したりするのに使用しています。そういう業務が必要な方は是非試してみてくださいね。

さて、浸透探傷試験ですが、本当に安い値段で試薬をそろえることができます。

基本的には、以下のものがそろえばOK!

 (1)洗浄液、(2)浸透液、
 (3)現像液、(4)ウエス(布切れで代用可能)

しかも、特殊な薬品ではなく、買おうと思えば楽天で個人で購入することも可能です。タセトの溶剤が日本では最もポピュラーだと思います。

(1)洗浄液(2)浸透液
(3)現像液 

     (4)ウエスは古下着等で代用

これだけ全て楽天市場の工具のビッグワンでそろえても、たったの3000円前後くらいでOKです。とっても安いです。浸透探傷試験は安い割に、役に立つので、是非試してみてください。家庭でも使うことができるかもしれません。

以下のようなシチュエーションがあるかもと思います。

 (1)自動車や自転車の部品の持ちが悪いけど、
   何か欠陥があるのではないだろうか・・と思った時。
   メーカーにクレームをつける前に自分で証拠をつかむ!
 (2)子どもの科学研究に!
 (3)溶接が下手そうな品物を買ってしまったけど、大丈夫?

さぁ、浸透探傷試験を楽しんでみましょう!
絵とき 非破壊検査基礎のきそなどの専門書を軽く読んで始めるのもいいかもしれませんね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック