プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

(サラリーマンが資格を取る理由1)会社でのプラス査定や昇進のため

先日、資格を取ることは非合理的な場合もあることについて、私の考えを書いてみました。
今回は、なぜ資格を取得することが必要な場合があるのか、
サラリーマン目線で書いてみようと思います。
まず一つ目は、


 (サラリーマンが資格を取る理由1)
  会社でのプラス査定や昇進のため


です。
サラリーマンにとって、会社での成績は給料や昇進に直結します。
資格を持っているとプラス査定となったり、資格手当が貰える会社は多いと思います。

どんな職種においても利用されるのが、TOEICです。
最近では昇進の条件にしている会社も多いようです。
そもそも、TOEICが一定の点数がなければ、入社資格さえない「楽天」のような会社も増えて来ています。グローバル化が物凄いスピードで進んでいる現在、英語の重要性は高まるばかりでしょう。

一昔前はパソコンが出来なければ仕事にならないと言われていましたが、これからは英語が出来なければ話にならない!と言われる時代が来そうです。


時代に乗り遅れないためにも、TOEIC800点を取っておきたいところです。


なぜ、800点がいいのでしょうか?


それは努力に対する効率が
最もいい点数だからです。
私はTOEIC800点台を取得していますが、900点を取ろうと思い勉強してもなりませんなかなか取れそうにありません。800点台と900点台には物凄い高い壁があります。
でも、


(1)私の所属している会社の場合、800点台も900点台も査定でプラス査定される点数は全く一緒です。


(2)求人で、TOEICの点数に基準がある場合でも、多くても800点台までを要求するケースがほとんどで、900点台の要求はほとんど見かけません。


そういう意味でTOEIC800点台は最もコスパの高い点数だと言えるでしょう。


また、私のような技術職では、以下のような資格が会社で評価の対象になることがあります。
技術士、危険物取扱者、公害防止管理者、エネルギー管理士、計量士、電気主任技術者、測量士や建築士などです。

業界によってはこれらの技術資格が無いと仕事にならないという事が本当によくあります

例えば、建設業界では、技術士資格を持っているか持っていないかで社内での立場が大きく変わってきます。建業法などの絡みがあるためなのですが、そのあたりの詳細はここでは割愛します。中には、40歳までに技術士資格を取らないとリストラ候補扱いとする建設系コンサルタント会社もあると聞きます。

サラリーマンである限り、プラス査定や、昇進のため、また、リストラ候補にならないために、会社から求められている資格は取っておきたいものです。


【各種紹介コード】

 ⇒こちらに私の各種招待コードをまとめています。

 

【twitterやってます】

 ・twitterアカウントのフォローもお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック