プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

(サラリーマンが資格を取る理由2)実力をつけるため

資格を取るためには、勉強します。そのために、おのずと実力がついてきます。

TOEICを勉強すれば当然、英語力がつきます。僕は海外出張へ行くことが多いです。英語ができるようになると仕事が3倍以上楽に進むようになりました。現在、僕はTOEIC800点台が取れるようになってきたところです。

正直思ってたようなペラペラ状態とはほど遠いですが、500点台の頃と比べると全く感覚が違います。500点台のころは、英語で話されてもわからないことの方が多い感覚でした。今では、わからないことの方が少ない感覚です。これは自分にとって大きな進歩ですし、自信を持てるところです。

英語以外の資格でも、
業務に関わる仕事を取れば、その分野について

体系的

に勉強する事ができ、実力が付きます。体系的というのがポイントです。日々、一生懸命仕事をしている訳ですが、どうしても知識が狭く浅くなってしまう傾向があるのでは無いでしょうか。
資格を試験の出題範囲は一般的に体系的にまとまっていますから、関連分野を広く、偏りなく勉強できます。狭く深い知識だけを持っている人より、大きな強みを持っていることになるのは明らかでしょう。
現在、所属している会社だけで役立つのではありません。仮に転職しようと思った時にも大きな武器になります。
転職サイトに自分の保有している資格を登録しているとスカウトが来ることも多くなってきます。スカウトが来て、実際に転職しなくても、自分のスキルや資格を欲しがってくれている会社があるというだけで大きな自信になります。

あなたは、外部からそれだけ評価されているということになります。実力がついて来ていることの証拠と言えるでしょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック