プロフィール

作者:めたのさえた
profilephoto
四季報に名前を載せることを目標に、日々格闘中!! コメント大歓迎です!!twitterへのフォローもよろしくお願いします!!(めたのさえたのツィッターをまとめて読むこともできます)
嫁ちゃんが作成する公害防止管理者のホームページの運営に協力しています。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

categories

          
月別記事一覧
  

google

あなたにおススメ

部下は「たったこれぐらいのこと」に感動する (人を動かす人になれ!)

 

日本電産の社長 永守重信氏の著作「人を動かす人になれ!」を読みました。
 ⇒「人を動かす人」になれ!―すぐやる、必ずやる、出来るまでやる
この本、相当にクオリティーが高く、メモ&付箋をいっぱいつけてしまいました(笑)。

特によかったのが、

部下は「たったこれぐらいのこと」に感動する。

のところでした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

「まんが」で学ぶ ざっくり全体を把握できる良いツール

NHK大河ドラマで盛り上がっている「平清盛」。

平清盛の一生をマンガで学べる「武士の世へ! 平清盛」を読みました。
1時間足らずで読むことが出来ますし、平清盛についてある程度、語ることが出来るくらいの知識が身に付きます。僧兵などのマメ知識も非常に参考になりました。

 

「まんが」というと、「暇つぶし」「遊び」のように捉えられがちです。
でも、私は5つの理由からマンガも良い学習のツールだと考えています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ「本を書く人」が「本の書き方」を書くのか?

今晩は読書に集中しています。

私は今まで、勝間さんの本を何冊か読んでいます(経緯)。そして、そのクオリティーの高さに驚いています。まだ、色んな著作を読んでみたい。そのようなわけで、今晩は気になっていたけど読んでなかった勝間和代さんの本を3冊一気読みしました(笑)。


勝間和代のインディペンデントな生き方 実践ガイド
お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践
読書進化論‾人はウェブで変わるのか。本はウェブに負けたのか

読書進化論を読んでいて感じたことがあります。

なぜ「本を書く人」が「本の書き方」を書くのか?

ということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「型を取り入れる」ことは「効率化」すること

先日の記事(29エントリに挑戦中(うるう年の挑戦)!! )で書いた、ホンモノの文章力 ―自分を売り込む技術を読みました。 「手軽に高い評価を得られる文章」を書くための、スキルが身に付く良書でした。

 

この本から、学んだ「型にはまること」の大切さについて紹介したいと思います。
続きを読む >>
このエントリーをはてなブックマークに追加

<< | 2/2PAGES |